平成30年7月豪雨災害ひろしまコミュニティ支援基金 広島のNPO法人やボランティアのことなら ひろしまNPOセンター

平成30年7月豪雨災害ひろしまコミュニティ支援基金

助成金/支援制度名 平成30年7月豪雨災害ひろしまコミュニティ支援基金
締切日 2020-01-31
分野
  • 保健・医療・福祉(子ども)
  • 保健・医療・福祉(高齢者)
  • 保健・医療・福祉(障がい者)
  • 保健・医療・福祉(その他)
  • 社会教育
  • まちづくり
  • 農山漁村・中山間地域
  • 学術・文化・芸術・スポーツ
  • 環境
  • 災害
  • 地域安全
  • 人権・平和
  • 国際
  • 男女
  • 子ども
助成金/支援制度内容

この基金は、復旧・復興を願う市民の皆様からのご寄付に加え、Yahoo!基金様において実施された、みんなのチャリティー募金『【支援金が2倍に】平成30年7月豪雨緊急災害支援募金』からのご寄付、Yahoo!JAPANネット募金『【平成30年7月豪雨】広島まだまだがんばっとるけぇ!』へのご寄付、2019年7月13日に開催された『「西日本豪雨復興支援 岩田英憲が奏でる風の魂~自然 生命 希望~in広島」コンサート(エイケントリオコンサート実行委員会)』の収益金額からのご寄付を基に実施するものです。

【私たちの想い】

 平成30年7月豪雨災害の発災から約1年半が経過しました。一日も早い復興や生活再建に向けた様々な取り組みが行われていますが、復興はまだ道半ばです。復興への道筋は1つではありませんが、どのような形であれ1つの団体や一人の人間で成し遂げられるものではありません。被災された方も、支援する方も、隣にいる人たちも、皆で取り組むものだという考えのもと、私たちは復興支援活動を続けています。
 そのような中で、改めて地域コミュニティの重要性を感じています。多発する災害から身を守ることにも、被災した人や地域に寄り添い助け合うことにも、地域のチカラなしには成り立ちません。

ひろしまコミュニティ支援基金は、地域の皆様の常日ごろの活動を応援する基金です。
本基金をご活用いただき、災害に強い、そして豊かな地域づくりにお役立ていただけることを願っています。

【コース詳細】

(A)常日ごろの活動応援コース
平成30年7月豪雨災害において被災された地域で実施されている地域コミュニティづくり活動(※1)に対して助成を行います。
※1 想定している地域コミュニティづくり活動
サロン活動、草刈り・ゴミ捨て、花植え、お祭り、健康づくり運動、自治会・町内会などの会議やあつまり 等

(B)災害にそなえるコース
地域における避難訓練をはじめとする減災・防災活動(※2)に対して助成を行います。
※2 想定している減災・防災活動
避難訓練、見守り活動、自主防災組織の活動、防災リーダー研修、地域防災指導員の養成、災害時要援護者の名簿作り、防災行動計画づくり、防災マップづくり、防災冊子制作、地域の防災倉庫 等

【ご応募に向けて】
下記の『【応募要項】平成30年7月豪雨災害ひろしまコミュニティ支援基金』と『よくある質問』をご参照ください。

主催・問合せ先 ひろしまNPOセンター(担当:森脇、松村)
チラシ/申込用紙

【応募要項】平成30年7月豪雨災害ひろしまコミュニティ支援基金

よくある質問(ver191112)

【応募用紙】(A)常日ごろの活動応援コース

【応募用紙】(B)災害にそなえるコース

ページ先頭へ

ブログ記事一覧

CANPANに登録し、もみじコミュニティの認証マークを付与された団体のブログを紹介しています。

イベント・セミナー情報

助成金/支援制度情報

ボランティア情報

相談・コンサルティング

資源仲介・コーディネート