「積水ハウスマッチングプログラム」  広島のNPO法人やボランティアのことなら ひろしまNPOセンター

「積水ハウスマッチングプログラム」

助成金/支援制度名 「積水ハウスマッチングプログラム」 2016年度(第11回)助成
締切日 2015年12月18日
分野
  • 保健・医療・福祉(子ども)
  • まちづくり
  • 環境
  • 子ども
助成金/支援制度内容

■助成の目的:
「積水ハウスマッチングプログラム」は、積水ハウス株式会社及びその関係会社(両者を総称して、以下「グループ会社」という)のCSR活動の一環として、グループ会社の役員及び従業員から拠出金を募り、積水ハウス株式会社から同額のマッチングギフトを実施し、下記の各基金の支援内容に合致する活動を支援します。

■基金の種類と支援内容:※本年度予算総額:約2,500万円
「積水ハウスこども基金」:
次世代を担うこどもたちを育成することを目的とし、こどもたちの健全な育成に関わる活動を支援
「積水ハウス環境基金」:
サステナブル社会の構築に寄与することを目的とし、環境や生態系の保全に配慮した活動を支援
「積水ハウス住・コミュニティ基金」:(本年度から新設)
地域に根差した豊かな住環境の創造を目的とし、まちづくりや地域コミュニティに関わる活動を支援

■対象となる活動:
① 本会及び各基金の目的に適合するものであること
② 活動の継続性(2016年4月1日からさかのぼって3年以上の活動実績。つまり2013年4月
1日以前から活動が開始していること。任意団体での活動期間を含む)があること
③ 公共性の高い活動であること
④ 活動主体の経営の健全性及び透明性が確保されていること

■対象とならない団体:
① 政治、宗教、営利目的の団体
② 反社会的勢力との関係がある団体
③ 個人の趣味や娯楽が目的の団体
④ その他、積水ハウスグループに不利益が生じる可能性のある活動が目的の団体

■助成対象期間
2016年4月1日から2017年1月31日まで(複数年計画など、この期間内に留まらない活動であっても申請は可能ですが、助成金の使途は、この期間に執行された活動への助成となります)。

■助成の種類:
「プロジェクト助成」:申請プロジェクトに対して助成
助成額は原則として、過去3年間の平均年間支出合計の30%以内または200万円のいずれか低い
金額を上限としますが、上限を超える申請についても助成する事があります。なお、助成額は減額す
る事があります。
※プロジェクト助成の審査で選外となった団体を対象とした「基盤助成」(上限20万円)を審査します
「プロジェクト助成」に申請されたプロジェクトの実行は問わず、団体の今後の発展に期待して実
施する「基盤的支援」(団体のインフラ整備、活動の質の向上等への助成)においても審査を希望さ
れる場合は、助成申請書2ページにある「基盤助成」希望の欄に「○」を記入ください。

主催・問合せ先 <協働事務局> 社会福祉法人 大阪ボランティア協会 担当:影浦 〒540-0012 大阪市中央区谷町2-2-20-2F 市民活動スクエア CANVAS谷町 TEL:06-6809-4901(代) FAX:06-6809-4902 <事業主体> 積水ハウスマッチングプログラムの会 事務局 (積水ハウス㈱コーポレート・コミュニケーション部CSR室) 担当:信田 〒531-0076 大阪市北区大淀中1丁目1-88 梅田スカイビル タワーイースト TEL:06-6440-3440 FAX:06-6440-3369 E-Mail:sh-mat@sekisuihouse.co.jp
チラシ/申込用紙

詳しくはコチラ⇒ http://urx3.nu/pj5f

ページ先頭へ

ブログ記事一覧

CANPANに登録し、もみじコミュニティの認証マークを付与された団体のブログを紹介しています。

イベント・セミナー情報

助成金/支援制度情報

ボランティア情報

相談・コンサルティング

資源仲介・コーディネート