2018年度中国ろうきんNPO寄付システム 広島のNPO法人やボランティアのことなら ひろしまNPOセンター

2018年度中国ろうきんNPO寄付システム

助成金/支援制度名 中国ろうきんNPO寄付システム
締切日 2019年2月28日(木)18:00 [必着]
分野
  • 保健・医療・福祉(子ども)
  • 保健・医療・福祉(高齢者)
  • 保健・医療・福祉(障がい者)
  • 保健・医療・福祉(その他)
  • 学術・文化・芸術・スポーツ
  • 環境
  • 男女
  • 子ども
助成金/支援制度内容

中国ろうきんNPO寄付システムとは?

“ろうきん”は、労働組合や消費生活協同組合など、働く人たちによってつくられた日本で唯一の非営利の福祉金融機関です。「私たちの地域を私たちでつくる~100円からできるボランティア~」を合言葉に、“NPOを支えることが、働く人とその家族、そしてだれもが安心して暮らせる地域社会づくりにつながる”という趣旨で、この寄付システムは支えられています。中国労働金庫の普通口座契約者からいただいた寄付金を、中国各県で活動するNPOに寄付配分し、団体の社会貢献活動を促進していこうという「地域循環型寄付システム」です。

■対象団体・配分団体数、配分金額 

 

①広島県内に主たる事務所又は従たる事務所を置くNPO法人で、すでに初年度の事業報告書・決算書を作成しているNPO法人。

②採択された場合、団体の情報公開を促進していく趣旨から、日本財団の公益コミュニティサイトCANPANに登録し、情報公開することに同意し、実施いただける団体(情報開示度が★3つ以上)

③選考後行う寄付金配分式に代表者又は代理の方にご出席いただける団体(詳細は別途案内致します)

④寄付金活用後ほぼ1ヶ月以内(2020年4月末迄)に、団体紹介及び活動報告を提出いただける団体

 ※Web上で公開し、とりまとめた報告書を寄付者の皆様に送付致します。

⑤集まった寄付金額に応じて、NPO法に基づく20の活動分野別に配分いたします。※1

 今年度の配分予定額と団体数は下記のとおりです。基準に達する法人がない場合は、申込みがあっても配分しないことがあります。

 ※1広島県・広島市では、20項目の「都道府県又は指定都市が条例で定める活動」について定められていませんので、19の活動分野となります。

 ※昨年度の配分団体は同じ分野への申請はできません。

 ※異なる枠や分野への申請可。 

配分総額 300,000 程度を予定しています。

◆各分野1団体につき 5万円~10万円(予定)

配分予定活動分野

◇保健・医療又は福祉   ◇文化・スポーツ   ◇環境の保全

◇男女共同参画   ◇子どもの健全育成

 

■対象となる経費 

 

 本事業は事業助成ではなく、寄附金の配分であるため、団体の活動全般を助成します。そのため、配分した寄附金は、人件費、固定費、事業費、備品購入等、自由に使用できます。

※ただし、寄付金の使途につきましては、2019年4月~2020年3月の期間に使用した経費の中から「活動報告書」(2020年4月末提出)に記載いただきます。

詳しくは、募集要項をご確認ください!

 

主催・問合せ先 ひろしまNPOセンター TEL (082)511-3180/FAX (082)511-3179 E-mail:info@npoc.or.jp
チラシ/申込用紙

2018中国ろうきんNPO寄付システム募集要項

2018年度【応募用紙】

ページ先頭へ

ブログ記事一覧

CANPANに登録し、もみじコミュニティの認証マークを付与された団体のブログを紹介しています。

イベント・セミナー情報

助成金/支援制度情報

ボランティア情報

相談・コンサルティング

資源仲介・コーディネート