新型コロナウイルス感染症対策に関するNPO向け情報 広島のNPO法人やボランティアのことなら ひろしまNPOセンター

新型コロナウイルス感染症対策に関するNPO向け情報

==============================
新型コロナウイルス感染症対策に関するNPO向け情報
==============================

ひろしまNPOセンターでは、新型コロナウイルス感染症対策に関するNPO向けの情報を、ホームページやfacebookページ等で発信しています。また、NPOや地域への影響について情報収集すると共に、関係機関と連携しながら具体的な支援を進めていきます。
また、広島市から委託を受けて、新型コロナウイルス感染症の影響により組織運営や事業活動に課題を抱えるNPO法人を対象とした相談窓口を設置しています。



********** 目  次 **********
(1)国・省庁の方針や支援施策
(2)広島県・広島市の方針や支援施策
(3)補助金・助成金の公募情報
(4)その他のお役立ち情報
(5)ひろしまNPOセンターの取組
**************************
※各種情報について、参照URLから対象要件等を確認のうえ活用ください。


(1)国・省庁の方針や支援施策

▼新型コロナウイルス感染症対策/内閣官房
https://corona.go.jp/

\寄付型NPO法人も対象です/
▼持続化給付金/経済産業省
https://www.jizokuka-kyufu.jp/
感染症拡大により、営業自粛等により特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧としていただくため、事業全般に広く使える給付金を給付します。
【申請期間】
2021年2月15日(月)まで延長
【対  象】
NPO法人含む
※持続化給付金の申請時の「売上」の算定に際し、寄附金等を主な収入源とするNPO法人は、寄附金等を含めて算定できるように、取扱いを変更することとなりました。該当法人は、持続化給付金事務局に申請する前に、事前確認事務センターに事前確認を受ける必要があります。なお、事前確認については2021年1月31日(日)を申込の最終期限(提出書類を事前確認webサイトにアップロード完了する最終期限)となります。(事前確認の申込要領(9月28日版)、Q&A、事前確認事務センターお問い合わせ窓口/内閣府NPOホームページ→https://www.npo-homepage.go.jp/news/jizokuka/
※既に持続化給付金の申請をした団体は受けられません。未申請の団体は、この寄付金等を主な収入源とするNPO法人枠と、通常の持続化給付金NPO特例のどちらかを選んで申請できます。

\寄付型NPO法人も対象です/
▼家賃支援給付金/中小企業庁
https://yachin-shien.go.jp/index.html
新型コロナウイルス感染症を契機と下5月の緊急事態宣言の延長などにより、売上の減少に直面する事業の継続を支えるため、地代・家賃の負担を軽減することを目的として、賃借人である事業者に対して給付金を給付します。
【申請期間】
2021年2月15日(月)まで延長
【対  象】
NPO法人含む
【備  考】
年間収入の大半を寄附金等が占めるNPO法人について、事前確認事務センターによる事前確認を請ければ、家賃支援給付金の申請時に寄附金等を含めて売上の減少を示すことができるよう、11月19日(木)から取扱が変更されました(https://www.npo-homepage.go.jp/news/yachinshien

\雇用があるNPO法人等にオススメ/
▼雇用調整助成金(新型コロナウイルス感染症の影響に伴う特例)/厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07.html
【申請期間】
2021年2月28日(日)まで延長されました
【対  象】
NPO法人含む

▼新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金/内閣府地方創生推進事務局
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/rinjikoufukin/index.html
令和2年度第3次補正予算では、1次・2次補正予算に続き、地方自治体が地域の状況に応じて柔軟に活用できる「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金」が1.5兆円追加交付されることになりました。今後、3次補正分に関する情報も掲載されていく見込みです。1次・2次補正分を活用して各自治体で実施されている事業が一覧・検索できる「地方創生図鑑」もご参照ください。


(2)広島県・広島市の方針や支援施策

▼「第3次新型コロナ感染拡大防止集中対策」令和3年2月8日(月)~2月21日(日)/広島県
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/2019-ncov/stop-infection-hiroshima-3.html
令和3年1月18日(月)から2月7日(日)まで実施した第2次集中対策では、感染の急拡大に歯止めをかけることができました。しかし、一方で市中感染は収まっていないため、新規感染者の発生を低いレベルに抑え込むために、第3次集中対策に取り組みます。

▼児童福祉施設等の感染防止対策のための相談窓口/広島県
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/248/jidousisetsu.html
広島県では、児童福祉施設等が適切な感染防止対策を行った上で業務を継続することができる体制を整備するため、感染症専門家等による適切な指導、助言を行うための相談窓口を設置しました。
【開設期間】
2021年3月31日(水)まで

▼広島県雇用調整助成金等活用促進事業補助金/広島県・各市町
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/68/ncov2020-kotyoukin.html
広島県では、県内の中手企業や個人事業主に対して国の雇用調整助成金等の申請手続きに必要となる書類の作成等を社会保険労務士に依頼して行う際に係る経費を補助します。
【受付期間】
2021年2月28日(日)まで
【対  象】
NPO法人含む

▼疫学調査等協力事業者支援金/広島県
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/259/covid19-kouhyou.html
従業者または事業所の利用者の感染発生に伴い、感染拡大防止のための積極的疫学調査や情報公開に協力した事業者に対し、支援金を給付します。
【対  象】
NPO法人含む

▼新型コロナウイルス感染症対応資金/広島県
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/75/020228korona.html
広島県は、国の新型コロナウイルス感染症緊急経済対策の一環として実施される中小企業向けの資金繰り対策として、国、広島県信用保証協会及び県内の金融機関と連携した実質無利子・無担保の新たな制度融資「新型コロナウイルス感染症対応資金」の取扱を、2020年5月1日から開始しています。
【保証申込期限】
2021年3月31日(水)まで
【対  象】
NPO法人含む

▼社会保険労務士相談窓口/広島県
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/68/ncov2020-soudan.html
労務の専門家である社会保険労務士が、休業手当の支給など労務管理に関する相談に対応するほか、雇用調整助成金の申請手続などについて相談ができます。
【設置期間】
2021年3月31日(水)まで延長

▼新型コロナウイルス感染症対応マニュアル策定支援/広島県
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/70/covid19bcp.html
広島県では、県内事業者を対象に、新型コロナウイルス感染症に特化した、すぐに使える「新型コロナウイルス感染症対応マニュアル」の策定を推進し、感染の予防・防止、事業継続力の向上を支援します。
【申込期間】
2021年3月31日(水)まで

▼広島コロナお知らせQR/広島県
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/2019-ncov/ncov-qr.html
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けて、QRコードを活用し、感染者と接触した可能性のあることをお知らせし、PCR検査を受けていただくようサポートする「広島コロナお知らせQR」のサービスを2020年8月14日(金)から開始しました。

▼広島市の感染状況及び「第3次新型コロナウイルス感染拡大防止集中対策」を踏まえた広島市主催イベント等の開催及び広島市所管施設の臨時休館等の方針の変更について/広島市
https://www.city.hiroshima.lg.jp/site/korona/206699.html
広島市において、新型コロナウイルス感染者の直近1週間の10万人当たりの新規報告者数は、ステージ4の水準から改善し、令和3年1月18日(月)以降、ステージ2の水準を安定的に維持しています。こうした本市の感染状況及び広島県の「第3次新型コロナウイルス感染拡大防止集中対策」の内容を踏まえ、本市の措置を段階的に緩和することとし、標記方針を同年2月8日(月)から下記のとおり変更し、その適用期間を同月21日(日)までとします。
【広島市主催のイベント等の開催について】
広島市主催のイベント等については、「第3次新型コロナウイルス感染拡大防止集中対策」記載のイベント等の開催要件に従い、「広島市主催のイベント等の開催に関する基本方針(令和2年11月30日改訂)」記載の感染防止対策を徹底した上で開催します。
なお、市民等が主催するイベント等の開催についても準じた取扱いをお願いします。
※広島市の公益的法人等主催のイベント等を含みます。

▼広島市主催のイベント等の開催に関する基本方針(2020年11月30日改訂)/広島市
https://www.city.hiroshima.lg.jp/site/korona/186299.html

▼広島市雇用調整助成金等申請費用補助金/広島市
https://www.city.hiroshima.lg.jp/site/korona/158936.html
広島市では、中小企業等の雇用調整助成金等の利用を促進し、従業員の雇用維持や事業活動の継続を図ることを目的に補助金を交付します。
【受付期間】
2021年3月31日(水)
【対  象】
NPO法人含む


(3)補助金・助成金の公募情報

▼第3回withコロナ草の根応援助成の公募/社会福祉法人中央共同募金会
https://www.akaihane.or.jp/news/16926/
withコロナの社会におけるボランティア団体・NPO等による新たな地域福祉活動への移行や組織づくりを応援する。
【募集期間】
2021年2月25日(木)必着(メール送信またはオンライン応募入力)
【対  象】
地域福祉活動を行うボランティア団体・NPO等(法人格を持たない任意団体、一般社団法人、特定非営利活動法人)※この他にも要件あり
【対象事業】
withコロナの社会におけるつながりづくりやささえあいなど、草の根の地域福祉活動を活性化するための次のような活動
○これまでの活動のあり方の見直しと、持続可能な活動のあり方の検討
○新たな活動を展開するための組織運営の見直し
○新たな活動のためのツール・資材等の整備
○その他withコロナの社会における活動を活性化するための事業(原則、新規のもの)
【助成金額】
1件あたりの助成金額は原則10万円とします
助成総額は3,000万円を予定しています

▼新型コロナウイルスに関する事業助成/公益財団法人太陽生命厚生財団
http://www.taiyolife-zaidan.or.jp/promotion_recruitment/index.html
【募集期間】
2021年3月31日(水)まで
【対  象】
<事業助成>
地域福祉活動を目的としうるボランティアグループおよびNPO(法人格の有無は不問)および地域公益事業・生活支援事業を行う社会福祉法人
<調査研究助成>
非営利の民間団体等および個人
【対象事業】
<事業助成>
福祉事業を行うに際の感染症対策の費用
コロナ禍により経済的にお困りの高齢者や障がい者、児童等に対して福祉事業を行うために必要案費用
事業実施期間:2022年3月末までに完了するもの
<調査研究助成>
コロナ禍での福祉事業の充実・向上のための調査、研究を行う費用
調査研究機関:2022年9月末までに完了するもの
【助成金額】
<事業助成>
1件10~50万円
<調査研究助成>
1件50~100万円/計400万円

▼「新型コロナウイルス感染症の拡大防止策に対する支援」に関する募集/公益財団法人JKA
https://www.keirin-autorace.or.jp/NEWS/20200508_02.html
【募集期間】
2020年度内で随時募集
【対  象】
NPO法人、財団法人、社団法人、社会福祉法人等
【対象事業】
○新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡大防止で命を支える支援・援護活動及び啓発事業
○新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡大防止の支援・救援・救助のための物資の整備事業
○新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡大防止の救援物資の購入、管理、輸送、供与または貸与に関する事業
【事業期間】
2021年3月31日(水)まで
【補助金額】
申請額が100万円以内の場合は1/1(自己負担額なし)
100万円を超える場合には、査定により、規定に基づく金額(補助率:1/2~9/10)となる場合があります。
(補助総額:1億円予定)

▼地域助け合い基金/公益財団法人さわやか福祉財団
https://www.sawayakazaidan.or.jp/covid19-donate/
【募集期間】
常時受け付け
【対  象】
法人格の有無は問わない、個人による活動を含む
【対象事業】
共生社会を推進するための助成として、地域で暮らす人同士の助け合い活動(つながりづくりを目的とした居場所や地域活動を含みます)


(4)その他のお役立ち情報

▼全国一斉 新型コロナウイルス感染症 生活相談ホットライン<無料>
https://www.hiroben.or.jp/
新型コロナウイルスの影響で生じた様々な問題について、生活困窮・消費者問題・災害支援を専門とする弁護士が無料でご相談に応じます!
【日  時】2020年2月25日(木)10:00~19:00
【ご相談の方法】当日にお電話ください。ご予約は不要です。<TEL>0120-254-994
【主  催】日本弁護士連合会・広島弁護士会

▼「新型コロナウイルス感染拡大への対応及び支援に関するNPO緊急アンケート」調査結果/CIS(「新型コロナウイルス」NPO支援組織社会連帯)
https://stopcovid19-for-npo.jp/
2020年6月30日~8月14日に実施した全国調査では、ご協力いただきましてありがとうございました。また、この結果を基に、行政や関係機関と連携しながら、NPOへの支援を継続していきます。

▼新型コロナウイルスの感染が懸念される状況におけるボランティア・NPO等の災害対応ガイドライン(2020年6月1日発行)/JVOAD(特定非営利活動法人全国災害ボランティア支援団体ネットワーク)
http://jvoad.jp/wp-content/uploads/2020/05/5482e1b5867b2d7a531066d890ad0720.pdf

▼災害対応ガイドライン_補足資料(2020年8月4日発行)/JVOAD(特定非営利活動法人全国災害ボランティア支援団体ネットワーク)
http://jvoad.jp/wp-content/uploads/2020/08/730e8a1516f569bfdf735881a2b7471c.pdf

▼新型コロナウイルス 避難生活お役立ちサポートブック第2版修正版(2020年7月15日発行)/JVOAD(特定非営利活動法人全国災害ボランティア支援団体ネットワーク)、JVOAD避難生活改善に関する専門委員会
http://jvoad.jp/wp-content/uploads/2020/06/5a06198f7ed43dc4d5d3d57f86dc6032.pdf


(5)ひろしまNPOセンターの取組

①NPO法人のための新型コロナウイルス感染症の支援施策 相談窓口の設置
ひろしまNPOセンターは、広島市から委託を受けて、新型コロナウイルス感染症の影響により組織運営や事業活動に課題を抱えるNPO法人を対象とした相談窓口を設置しました。
NPO法人のための新型コロナウイルス感染症の支援施策相談窓口のご案内

②新型コロナウイルス感染症の影響に伴うよくある質問<NPO法人向けQ&A集>を作成
このQ&A集は、NPO法人所轄庁の広島県県民活動課と広島市市民活動推進課の協力の下、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、通常開催が困難となっている社員総会や理事会の開催、事業報告書の提出などの対応方法についてまとめたものです。ぜひご活用ください!

▼新型コロナウイルス感染症の影響に伴うよくある質問<NPO法人向けQ&A集>(PDFデータ)/ひろしまNPOセンター
http://npoc.or.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/38058b361fc5011137f5ec5989c5970d.pdf

③広島県知事・広島市長にNPOへの緊急支援措置に係る要望書を提出
NPOは平時・非常時の様々な分野・地域において、公共サービスの一翼を担っています。しかし、感染症の影響により、NPOの事業継続だけでなく、その公共サービスの受益者である市民や地域社会にまで大きな影響を及ぼしていることが懸念されます。
そこで、3~4月に実施した緊急アンケート調査の結果から得られた具体的な支援ニーズを基に、4月21日に広島県知事、4月30日に広島市長に、NPOへの緊急支援措置を求めました。

<広島県知事宛の要望書> ※下記をクリックして閲覧ください。
新型コロナウイルスの影響によるNPO及び市民活動団体の存続危機に対する支援に関する要望書_広島県知事様(200421ひろしまNPOセンター)
別紙①②③(要望書補足資料)

④緊急アンケート調査結果の報告
3月31日(火)~4月10日(金)に実施した「新型コロナウイルス感染症対策に係るNPO等支援のための緊急アンケート調査」では、広島県内の132団体の皆さまからご回答いただきました。感染症対応や年度末・始めのお忙しい時期のご協力について、誠にありがとうございました。

<調査報告書> ※下記をクリックして閲覧ください。
新型コロナウイルス感染症対策に係るNPO等支援のための緊急アンケート調査報告書(200418ひろしまNPOセンター)

調査結果から、感染症がNPOや地域等に大きな影響を及ぼしていることや、「団体・法人の経営」「事業・活動の運営」「地域・住民」に関する課題が明らかになりました。
この結果をふまえて、当センターは具体的な支援を展開していくと共に、所轄庁である広島県・広島市に対して近日中にNPO支援に係る要望書を提出します。
引き続き、皆さまと共に支え合いこの困難を乗り越えたいと思います。ぜひご意見や各地の情報などお寄せいただければ幸いです。よろしくお願い致します。

ページ先頭へ

ブログ記事一覧

CANPANに登録し、もみじコミュニティの認証マークを付与された団体のブログを紹介しています。

イベント・セミナー情報

助成金/支援制度情報

ボランティア情報

相談・コンサルティング

資源仲介・コーディネート