演劇で地域文化の紹介,掘り起こし  広島のNPO法人やボランティアのことなら ひろしまNPOセンター

演劇で地域文化の紹介,掘り起こし

活動名 演劇で地域文化の紹介,掘り起こし
活動分野
  • まちづくり
  • 文化・スポーツ
活動地域 尾道市
関連団体

尾道てごう座

活動内容

平成11年、尾道ゆかりの人物を取り上げた演劇集団として発足し、今年で活動11年目を迎える「尾道てごう座」。尾道文化の掘り起こし、普及啓発を「演劇」というアプローチですすめてきた。これまでに、林芙美子、平田玉蘊、平山角左衛門などの文化人を題材に公演を行っている。
平成20年9月に、因島外浦町で生誕した碁聖「本因坊秀策」の「本因坊秀策囲碁記念館」が開館し、記念館のこけら落としとして「秀作・虎次郎ものがたり~神童の目~」を公演。これを皮切りに、初演から2年間で合計4回公演し、合わせて約2,000人の観客動員を記録している。

 

詳細はこちらから

ページ先頭へ

ブログ記事一覧

CANPANに登録し、もみじコミュニティの認証マークを付与された団体のブログを紹介しています。

イベント・セミナー情報

助成金/支援制度情報

ボランティア情報

相談・コンサルティング

資源仲介・コーディネート